自分の一番の欠点や弱点を受け入れてくれる相手と一緒になると、幸せになれる。

過去に一度、グダグダの恋愛パターンから抜け出す方法を書いたのですが、今日は第2弾。

今までずっと恋愛がうまくいかなかった私が、自分の「弱み」を出した、出せた瞬間から狂った歯車がうまく噛み合い出して、人生を変えられたというお話です。

目次

夫は全てを受け入れてくれた。

私が弱みを夫に打ち明けた時の話。

もう10年くらい一緒にいる夫と出会う前までは、下記リンクの記事にありますようにグダグダな恋愛が多かった私です。

けれど、心を入れ替えて吹っ切れ、腹を括り、気合と根性で恋愛マインドの再構築修行をして、、

そんなときに夫と出会いました。

そして出会った3日後に、、徹夜が続いてプッツンと何かが切れ、、過労で倒れ、ある日突然うつ病(軽度)になりました。

要するに既に限界に達していた状態で合コンへ行ったということです(根性だけはありました)。

3ヶ月間、集中して通院、投薬、療養、をして見事生き返ったのですが、人の話を割と聞いていない&負けず嫌いの強気な性格にも関わらず病気になったのは私にとっては本当にショックな出来事でした。

うつ病とは無縁の性格だと思っていたので、このことは誰にも言えない「弱点」となってしまったのです。

あんこ

ちなみに完治しましたのでその記事もまた書きます。

そんなこんなで、夫から食事のお誘いがあったのを、体調不良を理由にお断りしていたんです。

けれど運良く私が療養している間に彼女ができなかった夫と再び会うようになり、お付き合いをし、しばらくして病気だったということを泣きながら伝えました。

あら、、、?違ったかな?病気のことじゃなかったかな??もう記憶にございませんが。。

とにかく、、

何かそのとき
心に引っかかっていたシコリを
泣きながら伝えた

という記憶だけは残っています。

次こそはしっかりと、逃げずに、誠意を持ってお付き合いをしたいと思っていたので、心の奥底にあるシコリを隠し通してお付き合いをするは失礼にあたる、、とずっと悩んでいました。

にしおさん

有紀ちゃん、、サムライやな。

あんこ

そうよ、サムライよ。
あ、記憶が定かではないまま記事を書き出してしまってごめんなさい。

にしおさん

いいのよ、おばさんだから記憶は曖昧でいいのよ。

夫は特に大きな反応をするわけでもなく、不自然にやさしくなるわけでもなく、いつもの通り、そのまま接してくれました。

それが今でも、毎日毎日ずっと続いています。

あぁ、、本当に器がおおきくて自分を持っている人って、こういうときに本当に救いになるんだなぁと思ったものでした。

若い頃は、外面が良かったり八方美人でお調子者かつ人気者の人に惹かれがちだった「恋愛音痴」な私でしたけど、多くを語らない控えめな夫の存在の偉大さは今でもずっと変わりません。

にしおさん

有紀ちゃん、、、それはなかなか。。好みが変わってよかったな。

あんこ

もう本当にね、変われたのよ、私。
色々経験をしたから、ダメ男を見極めるの、はっきり言ってプロよ。

やっぱり温かい心で接してくれ、一番の味方になってくれる人がいるというのは幸せなことです。

出会ってしばらくしたら、自分の弱みを伝えてみるといい。

好きになった人には自分の美しい部分、完璧な自分だけを見てもらいたい、嫌われたくないからいい人でいたいだなんて思っていたら長続きはしません。

一生、「理想の自分」を演じる女優として生きていこうと決めている方ならいいですけど、誰かと暮らしていくということは、そんな甘っちょろいことではやっていけません。

なので、早い段階で「ありのままの自分」「ダメな部分がある自分」を見てもらうということが、自分に合う人を選別するのにあたって有効な手段となってきます。

自分も相手も、無理をしていることはわかると思うので、合わなければどちらかが去っていきます。それでいいんです。

辛いかもしれないけど、この「ふるいにかける・かけられる作業」を避けたいがために「幸せなフリ」「平気なフリ」を演じたって、ずっと演技は続かないんだからいつか何かガタガタと崩れていく日が来ます。誰も得しないし、幸せになれない。

さて、ありのまま(わがままとは違いますよ)を受け入れてくれる人が見つかったら、今度はありのままの相手を受け入れられるか、、となります。

ここでまた無理をしてはお相手にとっても良くないので、ここでも「自分は無理をしていないだろうか」としっかり考えます。

全ては自分の心がわかっている、そういうことです。

最後に。

なんでも頑張ってしまう、そこのあなた。

恋愛は頑張ってはいけないのです。

頑張れば頑張るほど自分に無理をさせてしまうから。

自分に優しくするのがむずかしいという人は、自分の心を「誰か大切な人の心」なんだと置き換えて、やさしくアドバイスをしてあげてください。友だちでも家族でも、、それでも置き換えが難しいのなら溺愛しているペットとかね。

「無理しなくていいのよ〜!なでなでしてほしいのにゲージに閉じ籠っちゃって、、もう安心していいんだよ〜!!!一緒に幸せになろうね〜!!!(嗚咽)」ってなりませんか。(※動物が好きなので、保護犬をお迎えするシーンを想像してみました。)

やさしく声をかけてあげてください。自分に。

以上、ダラダラと自分の経験を書きましたが、要点は全てこの本に詰まっています。

恋愛、人付き合い音痴の方全員、是非買ってちょうだい。恋愛、人付き合いの「基礎」が書かれています。

是非これは読んでほしい(恋愛初心者限定)!!

なんでも基礎がわかっていなければ、応用力はつきません。

学校の勉強も、生き方も、恋愛もそう。何を見てどう育ったかは人それぞれ。けれど「基礎」さえ教えてもらえればあとは自分で判断ができるようになるんです。何度も何度も同じパターンでうまくいかないという人は、「基礎」がそもそも間違った情報の可能性が高い。

自分の考え方の根っこの部分を正しい情報に書き換えることができれば、いつだって誰だって変われると思うのです。

以上です。それではまた〜!

▼心の軌道修正ができたら、あとは実践編!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次